私も、年を取ってしまいました。鏡の前で、そう、思いました。

NO IMAGE

あーぁ、「私も、すっかりと年を取ってしまいました。」
今日は、うれしいことに休日です。とても幸せなことに、朝は、ゆっくりと寝ていました。
昼間に、明るい照明の下で、全く曇りのないきれいな鏡の前で、自分自身をまっすぐに見た時に、このような感想を抱いてしまいました。
得意げになって、好きな国内老舗メーカー、こちらの会社は、化粧品の研究が進んでいると思って喜んで期待をしまして、値段は特別高くはないファンデーションを、1つ、何度か出入りしていますドラック・ストアで、若い女性の店員さんに、恥じらいもしないで、色を合わせてもらって、購入をしました。
数年前ですと、明らかにこのメーカーのこのシリーズのファンデーション、1つで、しみやそばかす、お肌のくすみまで、しっかりとカバーできていたと思うのです。その際には、もちろん、化粧下地を利用していました。
ですから、昨年の冬、何の疑いもなく同じメーカーの同じシリーズの店員さんが進めてくださった色、2種類のうち、好きな色を1つ、手に入れたのでした。
ところが、近頃、どうやら、化粧のノリが悪いのです。私は、現在は、40代半ばに入っています。この年にもなりますと、確かに、化粧のノリが悪い方々も存在しています。そして、赤の他人が、注意をしてくれないことも、また事実です。